雁皮紙

雁皮紙 がんぴ 和紙 販売

雁皮紙(読み方:がんぴし)とは、ジンチョウゲ科の雁皮という植物の皮を原料にした和紙。
その光沢のある質感や風格から「紙の王」とも呼ばれる。
雁皮は人工栽培が難しいため、大変貴重な原料となっております。

 

雁皮紙は薄手のものが多く、その滑りの良さとにじまない特徴の紙質から、謄写版原紙・版画用紙・転写用紙・かな料紙・高級半紙・写経用紙・研磨用紙・水うちわ・打ち上げ花火用の間断紙(はさみがみ)などに使われる。
なお、厚手の雁皮紙は「鳥の子」「鳥の子紙」とも呼ばれる。

 

和紙専門店Washi-naryを運営する丸重製紙企業組合は創業当初は雁皮紙の一種である謄写版原紙(ガリ版原紙・鉄筆原紙)を製造しておりました。
今でも薄手の雁皮紙を抄く技術を継承しており、その技術を活かして今でも様々な雁皮紙を製造しております。

 

特にその中でも、入手の難しい国産雁皮100%で製造した薄手の雁皮紙「純雁皮紙」(純雁皮紙(晒)純雁皮紙(未晒))は“幻の雁皮紙”とも呼ばれており、その光沢感・艶・ハリ・シャリっとした音まで感動的な紙質で、特に銅版画用紙や水うちわの原紙として重宝されております。

 

Washi-naryでは、その“幻の雁皮紙”である純雁皮紙、その厚口の「雁皮紙(厚口)未晒」、フィリピン産雁皮(サラゴ)を使用した雁皮紙「比雁皮紙」、同じくフィリピン産雁皮を皮ごと抄いた「純比紙(ちり入り)」厚手のパルプ紙と抄き合せた「抄き合せ雁皮紙(50g/㎡80g/㎡)」、三椏などと混抄した「高級写経用紙」などを取り揃えております。

VRでお買いもの

TOP