MINO-WASHI

美濃和紙の歴史

美濃 うだつ うだつの上がる町並み 伝統的建物群保存地区

【美濃和紙の歴史】
はるかな時を超えて、人々の手によって受け継がれてきた美濃和紙は、薄くても強靭でしかもしなやか。光をやわらかく通すきめの細かさは、他に類を見ない美しさを持っています。
美濃和紙の歴史は1300年と言われており、奈良の正倉院に保存されている戸籍用紙が戸籍用紙が美濃和紙であったことが奈良時代の「正倉院文書」に記されています。
和紙の生産に必要な「楮(こうぞ)」などの原料と「良質の冷たい水」が豊富で都に近いことから、和紙の生産に適した土地でした。
世の中でも広く美濃和紙が使われるようになったのは、室町・戦国時代の文明年間(1468~1487年)以後と言われております。室町時代には、美濃国守護の土岐氏は地元の産業を盛り上げるため「六斉市」と呼ばれる紙市場を開催し、和紙の生産地として栄えていきました。
さらに、慶長5年(1600年)の関ヶ原戦いでは、徳川家康が武儀郡御手洗村(現美濃市御手洗)の彦左衛門らに軍勢指揮のための采配の紙を申しつけたと伝えられ、関ヶ原の戦いで勝利し徳川家康が江戸幕府を開いて以降は、美濃和紙は江戸幕府御用として障子紙を納めることとなり、美濃和紙は幕府の手厚い保護を受けました。

パルプ 木材パルプ FSC FSC認証

明治になり、政府は明治6年(1873年)のウィーン万博と同9年(1876年)のフィラデルフィア万国博に美濃和紙を出品し、美濃和紙は世界へ送り出され世界で大好評を得ました。
そして、最盛期と言われる明治時代には、美濃では3,000軒とも4,000軒とも言われる紙すき職人が美濃和紙を漉いておりました。
戦時中には軍事品として紙の需要が増大し、美濃和紙も多く使用されたと言われています。
しかし、近代化の波、和紙に替わる素材の台頭、ライフスタイルの変化などにより、美濃和紙をはじめ和紙の需要は著しく低下し、現在では約20人の手すき和紙職人を残すまでになってしまいました。
ただ、近年では、日本が世界に誇る唯一無二の品質、それを支えてきた人々の叡智、そして美濃の豊かな自然と歴史が総合的に評価され、美濃和紙の中でも最高峰の「本美濃紙(ほんみのし)」の「和紙:日本の手漉和紙技術」は、石州半紙(島根県浜田市)、細川紙(埼玉県小川町・東秩父村)と共に2014年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。
そして、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会では入賞者への賞状用紙に美濃の手漉き和紙が採用され、美濃和紙の名はまた新たな形で世界に発信されることになりました。
美濃和紙について
※丸重製紙企業組合HP「和紙について」より抜粋

美濃和紙の特徴

イサムノグチ akari 提灯 あかり 照明

越前和紙、土佐和紙と共に、日本三大和紙とも言われる美濃和紙の特徴は、薄さと頑丈さ、美しさが共存する点にあります。

その特徴は、和紙を漉く際に縦ゆりと横ゆりを交互繰り返して繊維を流し、ムラを無くすことで実現します。また、美濃和紙は長良川の支流にあたる板取川の良質な水を利用して、煮熟、晒し、塵取りの原料処理から丁寧に作られます。自然の恩恵を最大限に活用し、さらに切磋琢磨しながら技術を磨き続けててきことも美濃和紙の美しさの秘訣です。

特に光に透かしたときの美しさは随一で、美濃和紙は古くから障子や提灯などの照明としても重宝されてきました。

ユネスコ無形文化遺産「本美濃紙」

美濃和紙の中でも、「本美濃紙」と呼ばれ和紙は、
石州半紙(島根県浜田市)、細川紙(埼玉県小川町・東秩父村)と共に、
2014年にユネスコ無形文化遺産「和紙:日本の手漉和紙技術」に登録されました。

                                        「本美濃紙」は、以下の指定要件を満たした和紙のみが認められます。

手すき和紙 紙工房 見学 作り方
名称     本美濃紙
区分     重要無形文化財
保持団体   本美濃紙保存会(岐阜県)
芸能工芸区分 工芸技術
種別     手漉和紙(てすきわし)
認定区分   保持団体認定
指定年月日  1969年4月15日(昭和44年)
指定条件   一、原料はこうぞのみであること。
       二、伝統的な製法と製紙用具によること。
         1. 白皮作業を行い、煮熟には草木灰または
           ソーダ灰を使用すること。
         2. 薬品漂白は行わず、 
           料を紙料に添加しないこと。
         3. 叩解は、手打ちまたはこれに準じた方法
           で行うこと。
                           4. 抄造は、「ねり」にとろろあおいを用い、
                               「かぎつけ」または「そぎつけ」の竹簀に
                               よる流漉きであること。
                           5. 板干しによる乾燥であること。
                   三、伝統的な本美濃紙の色沢、地合等の特質を
                       保持すること。
                           (本美濃紙ホームページより抜粋)

白さ、不純さ、柔らかさ、強さなどの要素を極めた本美濃紙を漉くのは容易ではなく、それを漉くことができるのは限られた職人(本美濃紙保存会の会員)のみです。
その美しさが認められ、日本国が海外からの賓客をおもてなしするための施設である「京都迎賓館」では、障子や照明などに本美濃紙約5,000枚が使用されています。

和紙について

Q1.和紙とは?
A1.実は明確な定義はありません。
  ただ、一般的には大昔に大陸から日本に伝わった製紙技術が、日本の風土や原料などにより変化した日本独自の紙の事を言います。
  また、近代になって海外から「洋紙」が入ってきた事に対して、日本の伝統的な手法で作られた紙を「和紙」というようになり、相対的に生まれた言葉でもあります。
 (Wikipedia 和紙

 

Q2.和紙の特徴は?
A2.やはり和紙の原料の繊維が長く、強度がある事です。
  洋紙は木材パルプ(広葉樹パルプ)や古紙パルプ、コットンを使う事が多く、どれも繊維は短いものになります。
  一方、和紙の原料は、伝統的には楮・雁皮・三椏などの靭皮繊維とよばれる非常に繊維の長い原料を使います。
  また、機械抄きの和紙の原料においては木材パルプも多く使われますが、洋紙で使われる広葉樹パルプ(LBKP)ではなく、比較的繊維の長い針葉樹パルプ(NBKP)を使います。

 

Q3.和紙と洋紙のつくり方の違いは?
A3.和紙は繊維が長いため、たくさんの水を使い、紙を漉く桁や網を大きく揺らし、その水の中で繊維を泳がせながら漉き上げる「流し漉き」という方法で紙を漉きます。
  一方、洋紙は繊維が短いため、網をあまり動かさずに水を切っていく「溜め漉き」という方法で紙を漉きます。

 

Q4.手漉き和紙と機械抄き和紙の違いは?
A4.手漉き和紙は、主に楮・雁皮・三椏などの靭皮繊維を中心に、一枚一枚漉き上げ、一枚一枚乾燥させていきます。
  一方、機械抄き和紙は、靭皮繊維も使いますがパルプも多く使います。また、一枚一枚ではなく、ロール状で抄き上げ、乾燥まで一連の工程で行います。
  生産量も異なるため、比較すると、手漉き和紙の方が少量で高価、機械抄き和紙のほうが大量で安価となります。

 

Q5.主な和紙の産地は?
A5.現在の和紙産地としては、美濃和紙、越前和紙、土佐和紙が三大和紙産地となっております。
  しかし、昔は全国で和紙を生産しており、少数ながら現在でもほとんどの都道府県に和紙産地は残っております。

 

Q6.美濃和紙の特徴は?
A6.伝統的な美濃和紙の特徴は、薄くて、丈夫で、美しい事です。
  昔から美濃和紙は障子紙に使われる事が多く、光に透かした時に均一に美しく漉かれている必要があったためです。

 

Q7.和紙は何に使われるのでしょうか?
A7.昔は生活必需品であり、障子や襖(ふすま)をはじめ、書く、包む、拭くなど幅広く使われておりました。
  現在は、ライフスタイルの変化や、洋紙や紙に替わる素材の台頭により、日常生活ではあまり使われなくなりました。
  しかし、一方でマスキングープや両面テープなどのテープ用和紙、コンデンサーペーパーなどの工業用の用途も出てきました。

 

TOP