DIARY

美濃和紙プロフェッショナルツアーのご紹介

Washi-nary 紙漉き職人工房見学 機械抄き工場見学 楮 美濃和紙 

○夏も終わり
時々出現! 

和紙成介ですっ!

先日、「こちらは和紙の専門店です。でもこれだけ和紙が並んでて実は魚売ってる店だったら笑っちゃいますけどねぇ~~(笑」と説明したら「何この方、おかしなこと言う人~~」と笑われてしまいました。

いつも笑いや笑顔を欲してしまう和紙成介です。

でもここに来られる方々は和紙の情報を欲しておられるんですよね!
申し訳ございませんです。

今回は美濃和紙をもっと知ってみたい方向けの情報です。

○和紙の深堀りツアー
美濃和紙 手漉き和紙 工房 職人 美濃

さて!
Washi-naryを運営する丸重製紙の代表でもある辻晃一氏と行く

美濃和紙プロフェッショナルツアーご紹介です。

どんな方向けかと言うと

  • 紙に関わる仕事に就かれている方
  • 和紙作家さん
  • 伝統工芸を勉強されてる方
  • 和紙をもっと使ってみようかと思っている建具屋さん

などなど普段から和紙に触れていたり興味あったりするけども、そもそもどう和紙ができあがってくるのか知らなくて実際に情報として見て回りたい。そんな方向けのプロフェッショナルツアーです。

○和紙のとはそもそもなんぞや

普段和紙に触れているあなたも

「和紙ってそもそもどう作られてるんだっけ?」

あなたが好きなその和紙。見てるだけなら単なる物体です。

あなたの手にたどり着くまでにその和紙は旅をしてきてるんです。

どこから?

どうやって?

そもそも和紙って?

手漉きと機械抄きって?

どちらの紙が自分に合った紙なのさぁ~~??

そんなことを知るだけであなたの人生に心豊かな1ページが生まれるかも?そしてあなたが関わる和紙、そして紙への新しいアイデアがふっと浮かぶかも知れません。

あるいは紙との付き合いが翌日から違ったものになるかもしれません。

美濃和紙プロフェッショナルツアーは原料が和紙という「形」になってあなたの手にたどり着くまでを旅します。

ツアースケジュールは10月22日。

「和紙専門店Washi-nary」からスタート。
訪れる順番は当日の状況によりますが訪れる場所を紹介しておきます。

ここからはかなり成介目線になります。
成介の感性にしばらくお付き合いお願いしますです。

まずは楮の畑。

紙の原料だ!と見てみれば普通に木の皮ですからね。

「剥がされて熱湯に入れられたあげる叩かれて紙になってくれるなんて!!お前らサイコーだなっ!!」と初めて見たときは感動と感謝でしたわ。

もう、可愛くてたまんねぇよぉぉぉ。

あの一枚の紙を思い浮かべてみると木から紙になるというのが神秘ですよ。ほんと最高だ。あいつら。

そして手漉き和紙職人の工房を訪れます。昔から変わらぬ製法。

美濃和紙 手漉き和紙 工房 ツアー 漉き箒

画像はイメージです

工房内は静かな神聖な空気が流れています。
僕の親戚は紙漉きなんすけどね。漉く前に手を合わせて「漉かさせていただきます」って言うんですよ。まさしく「紙」は「神」ってことんですよね~~。

※その時の工程により作業内容は変わります。あらかじめご了承下さい。

お次は機械抄きの工場です。

機械抄き 丸重製紙 工場見学 美濃和紙

画像はイメージです。何年前の画像ですかね?

Washi-nary 紙漉き職人工房見学 機械抄き工場見学 楮 美濃和紙 

ごついっす。でもやってることは繊細



面白いですね~~。工房と違って静けさはなく機械音でうるさい感じです。でも工場内はうるさくなくなきゃです。繊細な紙を抄いてる大きな機械がですね。な~~んか可愛いんですよねぇ。

例えがおかしいかもしれないんですけど。図体のでっかい男が細かな繊細な仕事をしてますって感じなんですよ。

も~~ね。デカいっ!!
でもカワイっ(笑。
そんな感じ。

※その時の工程により機械が稼働していないときがあります。あらかじめご了承ください。

手漉きは繊細
機械抄きはダイナミックに繊細
そんなイメージが僕にはあります。

手漉きと機械の違いっていろいろ美濃でも定義があるんですけどね。
僕はですね。
もちろん一定の品質は必要なんですが
「美濃で真心入れて作った紙」が美濃和紙
って解釈してるんです。

ポンっておいてあれば「たかが紙」なんですけどね。
「されど紙」になる瞬間ってのはそれに触れた人たちが心豊かになった時と思っとります。

人の心を豊かにする紙が日本の紙なんです。
その中の紙。「美濃和紙」を知る旅。

あなたもどうですか?
一度和紙の集大成を見て感じて日々の和紙ライフに活かしてみませんか?
ちなみに和紙ライフに入る前にじっくり全体を見て回りたいという方も大歓迎です!

美濃和紙プロフェッショナルツアー 予約はこちら

執筆 和紙成介


《感性を刺激する!クリエイティブに生きるあなたへ》

和紙専門店Washi-nary(ワシナリー)

【⇒オンライン通販ショップはコチラ】
https://washinary.jp/online-shop/

【住所】〒501-3728 岐阜県美濃市本住町1912-1 NIPPONIA美濃商家町内
【営業時間】平日(水〜金):13:00〜17:00 土日祝日:10:00〜17:00
【定休日】月曜日、火曜日(祝日の場合翌日、臨時休業あり)
【Tel】0575‐29-6655
【Fax】0575‐29-6700
【Mail】info@washinary.jp
【HP】https://washinary.jp/
【FB】https://www.facebook.com/washinary/
【Inst】https://www.instagram.com/washinary/
【TW】https://twitter.com/washi_nary

【取扱いブランド】
オリジナル透かし懐紙ブランド『KAI』
マスキングテープ『mt』

【運営会社】
丸重製紙企業組合
https://www.marujyu-mino.com/

【関連施設】
NIPPONIA美濃商家町
https://stay.nipponia.or.jp/areas/

TOP